↑↓ポチッとクリックしてみてね!↓↑

絶景!高千穂峡

旅は最終日を迎え、ホテルを後にした。
それにしても、朝から既にセミの声がする。
冬から春を飛ばして、いきなり夏になった気分だ。

国道10号線を北上する。
車が多くて、20キロ~40キロくらいのノロノロ運転だが、
本格的な渋滞というほどではない。
「長距離にわたって混雑している」という感じだろうか?
それが、日向市の市街地を過ぎたあたりから、俄然、走りが良くなった。

目的地は高千穂峡。
近くまで来ると、さすがに大渋滞だった。
離れた場所の駐車場に誘導され、そこからシャトルバスに乗って移動した。

バスから降りたら、すぐそこが高千穂峡。
人でごった返してはいるが、並んで待っただけの値打ちがあった。

昔、お~いお茶のCMで放映された真名井の滝。
ボートに乗ったら気持ちよさそうだ。
DVC00031.jpg
ここもホントのパワースポットではないかと感じますな。
DVC00028.jpg
さらに絶景が続く。
DVC00020.jpg
この三日間、短距離ではあるけど、なんだか山道を歩くことが多かった。
明日か明後日に筋肉痛に襲われるかもしれないな。
温泉に癒されに来たハズが、なんという本末転倒。

スポンサーサイト

さすがは南国。フェニックス・シーガイアリゾート

フェニックス・シーガイアリゾートの「サンホテルフェニックス」が
2泊目の宿。
DVC00040.jpg
ゴルフ場の傍ということもあり、緑に囲まれた場所であります。
ここで、信じられない現象を目の当たりにすることに!!
DVC00038.jpg
なんと!!
まだ5月2日というのに、セミの鳴き声を聞いてしまいました!!
さすがは南国・宮崎でした。
DVC00036.jpg

イースター島ではありません

天気は快晴。
渋滞もなく、快適に宮崎県・日南海岸のドライブを楽しんでおりました。
目的地は、サンメッセ日南。
モアイ像が立ち並ぶ風景が有名な公園であります。
正規の駐車場の出入り口は大渋滞だったんで、
少し離れた所の海岸の駐車場に停めて、そこから歩き。
箱根駅伝5区さながら(それは大げさだろ)の上り坂ではありますが、
渋滞で全然進まない車を徒歩で追い抜いて、さっさと入場。
P1010048_20100522220719.jpg
日本にいるとは思えない、青空と海の風景が、そこにありました。
P1010052.jpg
入り口付近で、宮崎県知事の東国原知事に似たモアイがお出迎え。
メガネまでかけてるし・・・!
宮崎県民からのリスペクトは相当なもんですな。
DVC00047 (2)

地サイダーとメロンパン

DVC00050 (2)
朝メシをがっつり食い過ぎたせいで、昼を過ぎても、腹が減らなくてさ。
宮崎道・山之口SAで、ぽるとがるのメロンパン売ってたんで、これと、
地サイダーの「マンゴーサイダー」を買い食い。
もう、晩メシまで何も食わなくていいや。

激安!環境エコな再生バッテリー

まだ高値で購入していますか?
環境の為にも、家計の為にも、これからは再生バッテリーです!
「再生バッテリーって何??」
聞いた事がない方必見!
今、性能の高さと、その驚きの価格で話題になっている再生バッテリー。
信頼度の高さから、一般の方だけでなく、中古車、自動車整備業者
といったプロの方々も使用しています。
「そろそろバッテリー交換しなきゃ・・・」
とお考えの方必見のサイトです!!




龍馬の秘湯・塩浸温泉

坂本龍馬が妻・お龍と共に、この地を訪れたのが、
我が国初の新婚旅行であるというのは有名な話であります。
P1010035_20100518214519.jpg
10日余りの間、この塩浸温泉で湯治をし、現在では、
公園が整備されて、こんな銅像が建っています。
P1010034_20100518214544.jpg
夫婦が入った露天風呂が残っていますが、
P1010037.jpg
入るのには、いろんな意味で勇気が必要なようであります。
龍馬伝で、ここでの「福山雅治の入浴シーンキボンヌ」
という女性ファンの要望がNHKに殺到しているとか、してないとか…。
P1010036_20100518214648.jpg

テレビで話題の速読教材「新・速読セルフトレーニング」

テレビ「とくダネ!」で紹介した速読ソフトが登場!

学習塾が速読を採用して、
大きな成果を出しているという内容で

「生徒の国語の偏差値が平均で約10上がった」
「60分の国語問題を30分で解き終わった」

などのインタビュー風景や速読ソフトで訓練している
映像が紹介されました。

今回ご紹介する速読教材にはテレビで紹介された
学習塾で行っている速読トレーニングと
同じものが入っています。

自宅で簡単に速読を身に付けられます。

1日たったの15分~20分、ただ見ているだけで
3ヶ月で最低でも2~3倍になるといからすごいです


バイキングで腹いっぱいの朝食

もはや温泉旅行での習慣になってしまった朝風呂に浸かった後、
朝飯にした。
宴会場でのバイキングでありましたが、その充実ぶりには正直、オドロキでした。
ゴハンに漬け物、みそ汁、焼き魚、玉子、湯豆腐といった定番はもちろん、
豚ナンコツ煮、さつま揚げ、キビナゴの南蛮漬などの郷土料理もありまして、
ついつい、腹いっぱいになるまで食っちゃいました。
DVC00053.jpg

岩盤浴に初挑戦!!

霧島国際ホテルでは、予約制で岩盤浴が利用できまして、
「せっかくだから」と、夕食後の時間帯を予約しておいて、岩盤浴でたっぷりと汗をかいた。
熱い岩盤の上にバスタオルを敷いて、10分間そこに寝そべると、汗でびっしょりになる。
そしたら、休憩室に移動して水分補給したり、ゆっくりと汗が引くまで過ごし、汗が引いたらまた、岩盤の上に寝そべって…を3回くらい繰り返すのですが、それがめっちゃ心地よかった。
そんで、そのあとまた温泉に入って汗をサッパリと流した。
朝早かったせいか、風呂から上がって部屋に戻った22時過ぎくらいに猛烈な睡魔に襲われ、そのまんま朝まで爆睡。

さすがは湯けむりとにごり湯の宿

今回の旅の1日目の宿は「霧島国際ホテル」に泊まった。
「湯けむりとにごり湯の宿」というコピーに違わず、窓から見える温泉街からは、あっちこっちから湯けむりが立ちのぼっておりました。
DVC00051.jpg
宿に着いたら、とにかく温泉に浸かってのんびりと過ごしたい。
湯の華が溶けて真っ白に濁った湯は、硫黄の匂いと相俟って強力に疲れを癒してくれます。
湯上がりのビールも美味!
DVC00055.jpg
夕食は、キビナゴや黒豚、揚げたてアツアツの「さつまあげ」など、鹿児島グルメが並ぶ懐石でありました。
そうきたら、飲み物も「ビール」も良いんだけど、やはり、本場の本格「芋焼酎」がベストでありまして、25度の「黒霧島」をロックでいただきました。
DVC00063.jpg

桜島、大噴火!

指宿スカイラインを通って霧島方面へ向かう途中、
所どころ景色のいい場所に展望駐車場があって、
そこから見える桜島に向かってカメラを構えてみた。
DVC00008 (3)

2ヶ所目の展望台に立ち寄ってみた。
おや?山の様子がなんかヘンだぞ?
1枚目の写真を撮ってから10数分の間に大噴火しちゃってました!
すごい!すご過ぎ!
コレが見れただけでも鹿児島まで来た値打ちがあったっちゅ~もんだ。
DVC00008 (4)


イッシーは留守だったようです

鹿児島ラーメンで腹を満たしたあと、来た道を逆戻りして
宿泊地・霧島温泉を目指して移動。
一目散に目的地を目指して突っ走る。…そんなワケがない。
途中、池田湖に寄り道。
せっかく来たんだ、イッシーに挨拶して記念写真の一枚でも…。
P1010024_20100510005653.jpg
そう思ってやってきたんだけど
奴は留守だったようで結局、現れてくれなかった。
P1010028_20100510005706.jpg
その代わりに1メーターオーバーのバカデカ鰻くんを激写。
蒲焼き何人前になるんだろうか?
こんなのを餌に常食してるバケモノがいるかも?なんて
想像するだけで夢のあるハナシだと思いませんか?
P1010023_20100510005726.jpg
近くの土産店でムラサキ芋ソフトという美味に出会った。
コレがホントに旨かったんだ。
P1010029.jpg

鹿児島ラーメンは美味しいな

「昼飯はラーメン」という方向性はきまったんだが、
「どこの店で食べるか」を決めかねていた。
観光ガイド本、ケータイからのインターネット、それぞれ沢山の選択肢を提供してくれるが、情報大杉www。
「今いる場所から遠くなくて、うまい店」を緊急に探す必要に迫られていた。
こういうときは、地元の人に聞いてしまえば良いのではないか?
そう考えて、温泉の駐車場の誘導係のおっちゃんに尋ねてみた。
快く、教えてくれた近くの店「南州ラーメン」へ急行。

ラーメンを注文。
鹿児島ラーメンってのは、他所のラーメンと違って、決まった味とかパターンみたいなのが無いらしく、トンコツ・鶏がら・魚介など、店によって大きく味が違うそうだ。

DVC00011 (3)
こってり・がっつり系の豚骨ラーメン

DVC00012 (3)
見るからに濃さそうだけど、実際は、豚汁のような味わいの味噌ラーメン

DVC00014 (3)
餃子とチャーハンを半分こした。

DVC00010 (3)
漬物が付いてくるのも鹿児島ラーメンの特徴でした。(前にケンミンショーで知った)

美味いラーメン屋を教えてくれた、駐車場のおっちゃんに感謝であります。


指宿・砂むし風呂

ここ何日か、また更新をサボっておりましたが、ぼちぼち再開しますです。
受付で料金を払い、貸し浴衣に着替え、砂むし風呂の行列に並んだ。
と、いってもこんな程度にしか混み合ってなかった。
ホントに混んでる時は、受付で整理券をもらって、料金を払う前から行列に並んで待たないとダメだから、こんなのはもう、混んでるうちに入らないといってよい。
やがて俺たちの番がきた。
P1010003_20100505024647.jpg

以前に来た時には気付かなかった、塀に埋め込まれた歌碑を発見!
P1010004_20100505024709.jpg

P1010007 - コピー

砂むし風呂の中は、まるで土木工事現場か収穫作業中の畑のようでありました。
ほどよく整地された砂の上に寝転んだら、その上に砂をかけてくれる。
頭ひとつ出して、体が完全に埋まるまではホントにあっという間。
その様子はやはり、畑で収穫を待つ野菜のよう。さしずめ鹿児島名産・桜島大根といったところでしょうかね。
P1010009_20100505024748.jpg

目安である10分ほど埋まって、たっぷりと汗をかいた後、内湯へ移動し、指宿温泉の湯で砂と汗を洗い流し、湯上がりには地サイダーで水分補給。
ちょうど昼飯時となっていて、お昼はやっぱ、名物・鹿児島ラーメンの他はないだろうと思っっていた。
P1010021_20100505024818.jpg





朝4時45分出発、指宿砂むし温泉ツアー

5月1日からの5連休を利用して、2泊3日で温泉三昧癒されツアーに行って来た。
GW真っただ中なんで道路の渋滞をちょっとでも回避できればと、思い切って朝早い時間に出発。
なんと4時45分、まだ暗いうちの出発となった。
早朝というより、深夜と言っていいかもしれない。

そのおかげで、中国自動車道→九州自動車道→指宿スカイライン頴娃(えい)インターを降りてから、指宿温泉街まで全く渋滞ナシ。途中、トイレ休憩2回の快適ドライブで、昼前には指宿温泉「砂むし会館 砂楽」に到着。

ケータイを買い換えたんで、道中、カミさんが運転してるときにブログを更新したり、ツイッターで道路の混雑情報を仕入れたり、旅の様子を発信しようと思ってたんだけど、アクセスが集中してたりで計画はあえなく挫折。

P1010022_20100505024621.jpg
ブログランキング
プロフィール

ビリキナータ

Author:ビリキナータ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
アンテナに登録されました!
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア

フルーツメール

フルーツショッピング
↓クリックしてください
忍者AdMaxDev
アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング 今月の一押しグルメ&スイーツ

ブログ内検索
RSSフィード
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる