↑↓ポチッとクリックしてみてね!↓↑
2018-03-27(Tue)

【新年快楽!】 台湾ツアー その13 台北の夜市に推参!

食後、再び夜市へ戻って来ました。
雙城街(スワンチェンチェ)夜市っていうんだそうだ。
後日訪れることになる、有名な士林(シーリン)や、饒河街(ラオフーチェ)の夜市に比べたら小規模で、ひっそりとしたもんだけど、日本の地元の祭りよりは、だいぶ賑やかだよ。
IMG_6192.jpg
いろんな食べ物があって、みんな思い思いの料理を選んで買い食いしてる。
自炊する人があんまりいないという台湾の食文化では、こういうとこの食べ物は、特別な日のものではなく毎日の食事なのです。
そのせいか、値段も手ごろでメニューも多彩。
IMG_6195.jpg
中には行列の出来てる店も。
行列からもアジアの活気というか熱気が伝わって来ます。
IMG_6196.jpg
で、当面の課題は、ワシらは「何を買って帰るか」なんだけど。
先ほど言葉の壁の高さの洗礼を受けたばっかりだもんで、どうしても慎重になります。
っつか、ビビってます。ビビりまくりです。
とはいえ、中には日本語で書かれたメニューとか看板も少なくない。
意外と何とかなるかもしれないと勝手に思い込み、唐揚げの屋台のおっちゃんとおばちゃんに声をかけてみた。
「日本語、解りますか?」って、できるだけ滑舌よく日本語で。
そしたら、おっちゃんとおばちゃん、点になったような目でワシらを見て、手と首を横に振ったよ。

なるほど、それくらいの日本語は通じるのか。

まあ、考えてみたらそりゃそうだ。
俺だって英語で、Hey! can you speak English? なんて聞かれたら即座に元気よく、No!って答えるでしょうよ。
で、ここからが台湾が親日国で、日本人に親切だと実感したハナシ。
なんと!通りすがりのおばさんが、近くにいる日本語の解る人を連れてきてくれたのさ!
IMG_6212.jpg
おかげで、好きなのを好きなだけザルに入れたら、油で揚げてくれて代金は量り売り。という注文のシステムとか、「これはチキン、これはエビ、これタコ!」ってな具合に、ネタまで説明してくれた。
なかには「豚の血」なんてネタもあって、カミさんはドン引き。
黙ってたけど、さっき食った鍋に、それ入ってたよ。
「何か判らんけど変わった味がして美味しい」って食べてたヤツwww。
IMG_6214.jpg
カットフルーツとビールも買ってホテルに戻り、
(○´▽`○)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイ
勇気を出して夜店で購入した唐揚げは、これで50元。
日本円にしたら¥200円で少しお釣りってとこか。
チキンに、エビ、タコの足と、魚のすり身。
魚のすり身は、さつま揚げをさらに唐揚げにしたような美味。
全体に振ってあるスパイスの、塩・コショウ以外に八角にシナモン、花椒の香りまでが効いて、台湾の屋台グルメとのファーストコンタクトは、いきなりの先制攻撃をクリーンヒットで食らったような感覚でございました。
IMG_6224.jpg
最近、日本のディスカウント酒屋とかでも見かけるようになった台湾ビール。
パイナップルビールとハニービールです。
ビールをベースにした甘~~いカクテルでございましたよ。
カットフルーツをアテに呑んだら、ここが亜熱帯のパラダイスなんだと解ります。



















ポチッとしてくれたら、このブログの主がとても喜びます
↓↓



人気ブログランキングへ

できたら、ついでにこちらも  ρ゙(··*) ぽちっとな
↓↓


2018-03-22(Thu)

【新年快楽!】 台湾ツアー その12 最初の晩餐

ホテル周辺の一角をぐる~っとひと回りしてみて、どの辺になんの店があるとか、地下鉄の駅の場所なんかもだいたい把握することができた。
次の課題は「食事」だね。
歩いてるときに何軒かメシ屋はあったし、屋台だって出てた。
ここはなにか「地元っぽいものがいい」という俺の意見と、「店の中で食べられるとこがいい」というカミさんの意見をすり合わせた結果、ホテルの近くにあった鍋料理屋に決定。
庶民的な雰囲気がして、気軽に入ってもなんとかなりそうな気がしたのさ。
IMG_6208_20180322010305d8d.jpg
大呼過癒ってのが店名だろうか?臭臭鍋が料理名?臭臭っていう字面が少々気になるトコロではあるけど、たいていのものは好き嫌いなく食べられる方だし、滅多なものを食べて腹を壊したこともない。
そんな自分の消化器官を信じて、いざ!異文化の食世界へ!
IMG_6197_20180322010304ae5.jpg
意気込んで入店したものの、早速、言葉の壁の洗礼を受けることになりました。
料理の注文は、メニュー表を指差したりしてなんとかクリアできたけどね。
ただ、店のシステムを知らないので、そういうあたりで焦りましたね。
まあ、そういうことは国内でも初めて入る店ではよくあることで、例えば、初めてセルフ式の讃岐うどん店に入った時とか、タッチパネルで注文をする回転寿司などなど、きりがありません。
席に着いたら、バイトの兄ちゃんみたいな人が、日本語の案内を持ってきてくれた。
なんだ、ある程度の日本語対応が出来てる店だったんだね。
日本で鍋物っていうと、大きな鍋をみんなで囲って食べるスタイルが一般的だけど、台湾方式はどうやら、一人鍋が基本らしい。
テーブルには席の数だけコンロが付いてる。
運ばれてきた鍋がセットされてコンロに点火された。
煮えるまでしばらく辛抱の時間。
上の画像の手前が俺の頼んだ羊肉の鍋で、奥がカミさんの頼んだチーズカレー鍋。
ただし、チーズカレーの方は注文が上手く伝わらなかったのか、カレーの香りも味も全くしない。
まあ、これはこれで旨かったそうなのだから結果オーライだね。

この店のシステムが理解できたのは、ゴハンを注文しようとした時だった。
ゴハンを注文しようとしたら「ライス」って単語と、店の奥の方に置いてあるジャーを指差してからの、ご飯をよそう身振り手振りで、ああ、鍋物の薬味とゴハンと飲み物はセルフでお替わり自由なのか、おおっ!アイスクリームもあるのか!
(ノ・ω・)ノオオオォォォ-!
一気にテンション上がるよ!
そんな感じで、とにかくコトバよりも身振り・手振りだったのさ。
まあ、日本語でだってそんなに上手な会話で人と接することはどっちかというと苦手なのに、いきなり「外国語で」なんて、ムチャな話もいいとこだよね。
IMG_6201.jpg
そうこうしてるうちに、鍋が煮えてきました。
臭臭鍋って言うわりに臭くないし、この大きくカットされたキャベツの食べ応えがたまらんね。
肉のダシも良くしゅんで旨いのなんの。
IMG_6204.jpg
他の具材も、ご覧の通りの芸の細かさで、目でも味わうような演出は「なかなかやるっ!」と思わせますよ。
IMG_6206_20180322010303792.jpg
こうして、なんとか無事に台湾で最初の晩ごはん(それも最初の食事)をいただくことができたこのブログの主一行でありました。
ところで、台湾も2月の春節の時期ともなると「寒くてコートが要る」ときいていたのですが、この日の気温は20度をゆうに超えていたらしく、それでもコートやダウンジャケットを着てる人が多くて、「こんなんで寒いなんて言うな!」って言いたくなりますねwww。
そんな日に鍋物を食べたもんで、食後のこのブログの主は汗だくだくになってしまいましたwww。



















ポチッとしてくれたら、このブログの主がとても喜びます
↓↓



人気ブログランキングへ

できたら、ついでにこちらも  ρ゙(··*) ぽちっとな
↓↓


2018-03-21(Wed)

【新年快楽!】 台湾ツアー その11 

台湾版ドンキホーテ・勝立生活百貨の目の前の道路は小規模ながら夜市が出てます。
なんだかよく判らないけど美味しそうなものがありそうだし、何より賑やかで楽しげ。
IMG_6194.jpg
後で何か買ってホテルに戻って、冷たいビールを飲みましょう。そうしましょう。

大きな道路の交差点では、信号が青に変わった瞬間、バイクや自動車がロケットスタートで走り始めます。
「見切り発車で危なくないのかな?」って思いますよね?
IMG_6191.jpg
台湾の道路は車優先なので、歩行者の方が車に気を付けて通行する習慣が身についてるのと、
IMG_6258.jpg
信号機に、次に信号が変わるまでの秒数が表示されるシステムがあるんですね。
それで、あのF1レースさながらのスタートダッシュが可能になるのかと、妙に納得。
日本の信号機でも秒数表示システムを導入したらいいのに・・・・・・。とも思うようになりました。
混み合った道路で、前にいるアイドリングストップの車がワンテンポ遅れてから走り出すならまだしも、いつまでもモタモタして動かなかったりしてイラッときた経験のある人は多いハズ。
渋滞緩和の役に立つかもしれません。

スーパーマーケットの隣がファミマで、その隣がセブン。
客の奪い合いがなんだか凄そうな並びだよね。
IMG_6186.jpg
ここは、スーパーを探検してみましょう。
IMG_6187.jpg
(ノ・ω・)ノオオオォォォ-!品揃え豊富だぁ!
IMG_6188.jpg
鮮魚は、ちと高めかな?
台湾は外食天国で、あんまり自炊する人がいないそうなんで、こうした食材は安くはないのかもしれないね。
毎日ゴハン作らなくていいなんて夢みたいだって、日本の主婦の皆様の声が聞こえてきそうだよwww。
そしてこの店でも・・・・・・。
IMG_6189.jpg
馴染みのある商品を発見しました!



















ポチッとしてくれたら、このブログの主がとても喜びます
↓↓



人気ブログランキングへ

できたら、ついでにこちらも  ρ゙(··*) ぽちっとな
↓↓


2018-03-16(Fri)

【新年快楽!】 台湾ツアー その10 台湾版ドンキも安くてよさげだなぁ。

ホテルから一歩、外に足を踏み出した。
夕暮れ時の台北の街は、とても閑静でありました。
IMG_6178.jpg
そりゃそうだろう。
この日は正月の2日目だもん。
そんなに出歩く人も多くないだろうし、個人でやってるような小さな店や銀行なんかも閉まってるもんね。
そこらへんを目的もなしにブラブラと歩いていても、やたら金ピカな寺院みたいなのとか、それなりに目を引くものもありまして、気が付いたらすっかり真っ暗になってました。
IMG_6210.jpg
ホテルから1本裏に入った通りに勝立生活百貨という、日本で言えばドンキホーテみたいな店があって、まずはそこを探検してみたよ。
IMG_6181.jpg
なんかここ、日本人も多くやって来るのか、日本向けの土産なんかもたくさん置いてあるね。
台湾土産のド定番・パイナップルケーキなんか、両替したさっきの土産屋の半額以下じゃないか。
まあ、翌日に安さの秘密を聞いて唖然とするのですが、この時はまだひたすら安さに感動しておりました。

そしてドリンクの棚には・・・・・・。
IMG_6182.jpg
コーラやスプライトに並んで、アレがあるよwww。
前に、長崎の中華街で買った、サロンパス風味のドリンク、黒松沙士(ヘイソンサーシー)が!さすがにもう、買って飲みたいとは思わなかったけどね。

台湾のインスタントラーメンもレベルが高そうだね!
IMG_6183.jpg
日本に持ち込めるんなら買っちゃいたいなあ・・・・・・。
たしか、肉が原料に使ってあるものはアウトだって聞いたことがある。
IMG_6184.jpg
そうそう、それだ。
カレールーに肉エキスが入ってるって理由で税関で没収されちゃったってハナシだよ。
って、バーモントにジャワにゴールデンカレーじゃないか!
よく見たら、日本で馴染みの商品がいくつかあったよ。
日本での価格相場を知ってる商品に限って言うと、日本の商品はわりかた高級品扱いみたいですね。

ここは、量が必要なバラマキ用の土産を仕入れるのに具合が好さそうな店だな。
帰る前日にまたこよ~~っと。

タイペイ探検はまだ続きます。



















ポチッとしてくれたら、このブログの主がとても喜びます
↓↓



人気ブログランキングへ

できたら、ついでにこちらも  ρ゙(··*) ぽちっとな
↓↓

2018-03-12(Mon)

【新年快楽!】 台湾ツアー その9 新年快楽!

飛行機は無事に桃園国際空港に着陸し、俺たちは台湾の地に降り立ったんだ。
IMG_6170.jpg
飛行機を降りて、入国手続きに向かう通路からして春節ムードだよ。
IMG_6173.jpg
荷物を受け取って現地の案内人と落ち合い、ツアー客全員が揃うのを待っていた空港ロビーもご覧のとおり。
どうやら初めてやってきた台湾は、いつもと違う特別な日で、ようやくこのブログの主にもその雰囲気が解ってきたような気がした。

全員揃ったとこでバスに乗り込み、一路、台北の街へ。
最初に向かったとこは、金龍という観光客向けの土産店で、ここは俺たちが世話になる現地のツアー会社の集合拠点になってるようで、滞在中、観光地を訪れるために何回も来ることになる場所なんですね。
そこで買い物というワケではなくて、両替が目的だったのさ。
日本円を台湾ドルに両替するなら、日本国内の銀行で予め両替するよりも現地の茶屋(土産屋)で両替する方が、はるかにレートがいいという情報を得ていたので、台湾ドルはビタ一文この段階まで持ち合わせていません。
俺たちもここで2万円を台湾ドルに両替しました。
台湾の通貨は、正式にはニュー台湾ドルというんだそうだけど、みんな元(台湾元)ていうし、円ていう人も多かった。
確かに台湾の硬貨には金額の横に圓と刻印されているんだ。
それだと日本円と紛らわしいから、このブログでは今後、台湾の通貨を「元」と表記します。
その後、ホテルへ送り届けてもらったんだけど、案内人の兄ちゃんから一言アドバイスを受けたんだよ。
「フロントでチェックインの際、台湾語の挨拶はニイハオで普通はOKです。」
「でも、いまは春節で日本でいう正月だから新年快楽(しんにぇんくぁいらー)って言うといいよ」って内容でありました。
「よ~~っし!ここは習ったばっかりの台湾語でビシッと決めちゃる!」
意気込んでフロントに話しかけようとしたらその時、
「いらっしゃいませ」って、めっちゃ上手な日本語で挨拶されて、習ったばっかりの新年快楽は口に出せずじまい。
やっぱりヘタレなこのブログの主でございました。

そこそこ上等のホテルなんで快適に過ごせるはず。
IMG_6174.jpg
IMG_6177.jpg
上等なホテルじゃないと、フロがシャワーだけだったりするそうなんで、肩までじっくり湯に浸からないと疲れが取れない古いタイプなこのブログの主には、フロはこうじゃないとね。
IMG_6176.jpg
あと、トイレットペーパーが流せない台湾のトイレ事情だと、尻を拭いた後の紙は備え付けのゴミ箱に捨てることになってるから、シャワートイレは必須かもしれないね。
IMG_6175.jpg
窓からの景色。
しばらく茶でも飲んで休憩したら、ホテル周辺を探検してみよう。



プロフィール

ビリキナータ

Author:ビリキナータ
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
FC2カウンター
いろいろお知らせ
アンテナに登録されました!
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア

フルーツメール

フルーツショッピング
↓クリックしてください
忍者AdMaxDev
アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング 今月の一押しグルメ&スイーツ

ブログ内検索
RSSフィード
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる